オウムやインコ、ヨウム、モモイロインコの繁殖、販売、ブリーダー

スポンサーリンク





ヨウムの鳴き声が騒音となって家族や近所に迷惑とならないか

ヨウムを飼育する十分のスペースがあったとしてもヨウムの鳴き声による騒音を考慮に入れていないと飼育を始めてから難しい問題を抱えることがあります。例えばヨウムを窓際で飼育することにした場合、隣の家が近いなら日常のヨウムの鳴き声を隣の住民が耳にすることになるでしょう。また同居する家族は静かな環境を望んでいるにもかかわらず、ヨウムの鳴き声に悩まされるということもあります。

 

ヨウムは他の大型インコやオウムと比べると鳴き声はそれほど大きくはないように感じますが高めの口笛のような鳴き方をよくします。またパニックになった時にはびっくりするような叫び声をあげることもあります。いつもそうではありませんが他の鳥達と同様、やはり朝と夕方にはよく鳴きます。それ以外の時間帯は何かない限り非常に静かにしています。

 

またヨウムは様々なものを真似るので一緒に飼育している鳥がうるさく鳴いたり、テレビや怒鳴り声や他の騒音が日常的に聞いている場合飼育しているヨウムも非常にうるさい子になってしまうかもしれません。

 

スポンサーリンク





 

ヨウムが静かにしているようにしつけることはことはできるのかと言いますとトレーニングによってはある程度可能だと思います。ただ鳥は本来鳴くものです。あまりそれを制限してしまうのはヨウムにとってストレスになるでしょう。それで静かなしゃべり声を沢山覚えさせるなら例えヨウムが沢山しゃべってもそれほど騒音とはならなかもしれません。

 

またヨウムの鳴き声が騒音と感じるかどうかは飼い主の感じ方ではなく、まわりの感じ方であるということも覚えておくことは大切です。よく言われることは騒音に関する近所とのトラブルは近所との人間関係に問題がある場合が多くあります。もし、周りとの関係が普段からよくないなら例えヨウムの鳴き声がそれほど大きくなくても少し聞こえるだけで迷惑だと捉えられるものですが、もし普段から周囲と良い関係を築いておられるならたとえそれより大きな鳴き声が聞こえても周囲は迷惑とは感じないこともあります。

 

ですからこの問題の予防は飼育の前に防音について考えることと、周囲との良い関係を築いておくことですね。

 

スポンサーリンク





 

雛について問い合わせる

 

 

 

関連記事

 

ヨウムの乱獲による個体数減少と国際取引禁止への備え

 

 

インコの寿命

 

 

 

1、ヨウムの性格や生態についてどれほど知っているか

 

 

 

2、ヨウムの雛を購入する資金はあるか

 

 

 

3、ヨウムの雛を世話する時間が毎日あるか

 

 

 

4、ヨウムを飼育し続けることが出来るか

 

 

5、同居している家族の同意は得られているか

 

 

 

6、ご自宅は飼育する部屋やスペースがあるか

 

 

 

7、ヨウムの鳴き声が騒音となって家族や近所に迷惑とならないか

 

 

 

8、ヨウムが噛んだり爪でしがみついて傷ついても多少は平気か

 

 

 

9、部屋に羽や脂粉が飛んでも平気か

 

 

 

10、毎日掃除してあげられるか

 

 

 

11、ヨウムが思い通りにならなくても辛抱強く接し続けられるか