自家繁殖の国産ヨウムの雛情報

スポンサーリンク





産まれたヨウム雛情報、販売ページ

 

 

ヨウムの雛が産まれたらお知らせします。

 

雛について問い合わせる

 

ヨウムは雛から飼育すると本当にベタ慣れになります。

 

もっとも、雛の飼育は慣れていないと難しい面がありますからよく考えてお迎えする必要があります。

 

 

 

衝動的にお迎えするのではなく、購入前に以下の点を考慮なさってください。

 

 




スポンサーリンク




 

 

 

1、ヨウムの性格や生態についてどれほど知っているか

 

 

 

2、ヨウムの雛を購入する資金はあるか

 

 

 

3、ヨウムの雛を世話する時間が毎日あるか

 

 

 

4、ヨウムを飼育し続けることが出来るか

 

 

5、同居している家族の同意は得られているか

 

 

 

6、ご自宅は飼育する部屋やスペースがあるか

 

 

 

7、ヨウムの鳴き声が騒音となって家族や近所に迷惑とならないか

 

 

 

8、ヨウムが噛んだり爪でしがみついて傷ついても多少は平気か

 

 

 

9、部屋に羽や脂粉が飛んでも平気か

 

 

 

10、毎日掃除してあげられるか

 

 

 

11、ヨウムが思い通りにならなくても辛抱強く接し続けられるか

 

 

 

 

 

上記の点をじっくりご考慮なさってすべてに肯定できるならヨウムにかぎらず大型のインコやオウムを飼育する適任者であると思われます。

 

もっとも完ぺきな人は一人もいませんから上記の点に関して満たせていない点があっても代替策はあるはずですからその方法を考えられる方であるなら飼育は可能でしょう。ただ、上記の点をほとんど満たせていない、あるいは満たす気もない方はヨウムの飼育者としての資格はないように思われます。

 

 

 

私としてはうちで生まれた大切な子たちを是非とも上記の条件をできるだけ満たしている方にお渡しして大切に末永くお育て頂ければと考えています。

 

 

 

もちろん飼育者の敷居を上げるつもりはありません。完ぺきを求めるなら誰も飼育できなくなってゆくでしょう。上記の点に関してできる限り条件を満たせるようにご援助できればと思っています。

 

 

 

お迎え希望やお迎えまでの間不安な点やわからない点などご連絡くだされば出来る限りご援助いたします。

 

          ↓

 

雛について問い合わせる


 

 



スポンサーリンク




 

 

関連記事

 

ヨウムの乱獲による個体数減少と国際取引禁止への備え

 

 

インコの寿命