オウムやインコ、ヨウム、モモイロインコの繁殖、販売、ブリーダー

スポンサーリンク





ヨウムが思い通りにならなくても辛抱強く接し続けられるか

ヨウムは賢い鳥と言われて飼育を始めたものの全然言うことを聞いてくれないと感じることがあるかもしれません。ヨウムは5歳の知能と2歳の感情を持つと言われていますが、子供を育てたことのある人なら分かると思いますが2歳?5歳の子供の言うことを聞かせるのって簡単なことでしょうか?人間の言語がわかる子供でも難しいのではないでしょうか?ヨウムはそれ以下と言えると思います。ですから賢いと言っても過信は禁物です。逆に賢いゆえに言うことを聞いてくれないということもあるのです。

 

雛からヨウムを飼育する場合、雛のうちは言うことなんて全く聞いてくれません。餌も移動も全て飼い主が行ってあげなくてはなりません。でも噛むこともありませんし、大きさとしても取り扱いは容易でしょう。ただ成長し、特に飛ぶようになると飼い主の手を離れ色々なところに行こうとします。特に高いところが好きで飼い主の手の届かないところに行こうとします。飼い主の手が届かないことがわかると捕まらないように飼い主の手の届かないところに行こうとします。またケージにもなかなか入ろうとしないようになり一度ケージに入れるために用いた方法は学習し、二度目は通用しなくなることもあります。また色々な物を噛むようになりそれを言葉でダメと言ってもなかなか言うことを聞いてはくれないでしょう。

 

スポンサーリンク





 

特に飛ぶようになった雛から3歳くらいまでは問題を起こすことも多く、思い通りにいかないと感じることも多いでしょう。でも3年を過ぎると飼い主とヨウムがお互い扱い方に慣れてゆくため以前に比べると比較的扱いやすくなってきます。噛むことも少なくなりケージにも自分で入ってくれるようになります。

 

とは言っても噛んではいけないものを噛んだり、糞をじゅうたんにするといったことをコントロールするのはなかなか難しいでしょう。噛まれてはいけないものはヨウムの近くに置かない。糞をされては困るものは飼育スペースに置かないといった対策が必要です。

 

また例え5歳になったヨウムでも環境が変わるということで言うことを聞かなくなることがあります。例えば部屋を変える、模様替えをする、ケージを変える、餌を変える、ケージの中のおもちゃや停り木の形を変えるといったことでも今まで言うことを聞いてくれていたヨウムがなかなか言うことを聞いてくれなくなったり、ケージになかなか入ってくれなくなったりするものです。

 

ですからヨウムを飼育するには根気が必要です。長く生きる鳥ですから長年にわたってそのようなヨウムとの関係を苛立たずに楽しめるかが鍵となるでしょう。

 

スポンサーリンク





 

雛について問い合わせる

 

 

 

関連記事

 

ヨウムの乱獲による個体数減少と国際取引禁止への備え

 

 

インコの寿命

 

 

1、ヨウムの性格や生態についてどれほど知っているか

 

 

 

2、ヨウムの雛を購入する資金はあるか

 

 

 

3、ヨウムの雛を世話する時間が毎日あるか

 

 

 

4、ヨウムを飼育し続けることが出来るか

 

 

5、同居している家族の同意は得られているか

 

 

 

6、ご自宅は飼育する部屋やスペースがあるか

 

 

 

7、ヨウムの鳴き声が騒音となって家族や近所に迷惑とならないか

 

 

 

8、ヨウムが噛んだり爪でしがみついて傷ついても多少は平気か

 

 

 

9、部屋に羽や脂粉が飛んでも平気か

 

 

 

10、毎日掃除してあげられるか

 

 

 

11、ヨウムが思い通りにならなくても辛抱強く接し続けられるか